タンカレー・ジン ティンキャップ

イギリスはエセックス州のバジルドン。ロンドンから東へ40キロほど離れた場所で、その中にレインドンという町がある。以前から新しいマティーニを創作したいと考えていた保志雄一さんは、そこに建つプレミアムジン「タンカレー」を造る工場へ向かった。1999年1月にタンカレーのブランドアンバサダーに就任したこともあるが、もともとマティーニのベースはタンカレーと決めていた。

4回蒸留による、洗練されたキレのある味わい。これをどのように活かして新しいマティーニに仕上げるか。工場を見学する前に、ニューヨークの「メトロポリタン・ホテル」やロンドンの「デュークス・ホテル」といったホテルバーでマティーニを飲み、日本ではまだ珍しかったフルーツ・マティーニに衝撃を受け悩んでいた。

工場では、その歴史や製法を直接学ぶことができる。「タンカレーのボトルデザインは消火栓をモチーフにしたものなのか?」という当時の疑問も、実際はカクテルシェーカーだと聞いて納得した。工場を出る前、熱心に学んだ保志さんに蒸留所から贈られたのがタンカレーのティンキャップ。年代は定かではないが、ティンキャップということは1960年代より前の希少な逸品だ。まだ、封は切られていない。

帰国後には、フルーツ・マティーニをはじめ107種類ものマティーニを完成させ、2000年に『THE PERFECT “Tanqueray” MARTINI BOOK』(※)を発行。その情熱はマティーニだけに留まらず、ボストンシェーカーやバーズネスト、ペストルの開発にまで波及した。

 

※ジャーディン・ワインズ・アンド・スピリッツ(現MHDディアジオ・モエ・へネシー)から発行。非売品。

 

BAR 保志(バー・ホシ) 保志雄一さん
東京都中央区銀座6-3-7 AOKI TOWER 8F
03-3573-8887
18:00~03:00(土・日・祝~01:00)
無休

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

SNS