グレンタレット1966

グレンタレット1966は、漆黒のフロスティボトルに蒸留年と瓶詰年がローマ数字で表記された、心惹かれる一本だ。映画のクレジットなどでもこの表記は使われているが、蒸留年は「MCMLXVI」、瓶詰年は「MCMXCIII」と記されており、それぞれ1966、1993年を表している。

1775年に創業したグレンタレットは、スコットランドに現存する最も古い蒸留所と言われている。2万8899匹のネズミを捕まえてギネスブックに掲載された、ウイスキーキャット「タウザー」も有名だ。ウイスキーの原料となる大麦を狙って、ネズミや小鳥がやってくるのを防ぐために、蒸留所では猫を飼っていた。

このボトルがリリースされた頃、「もるとや」店主の高橋克幸さんは、池袋駅西口にあったバー「椿」に勤めていた。まだシングルモルトに傾倒する前で、数年後にモルトバーをオープンするとは思っていない。そんなある日、モルト好きの客と共に京橋まで飲みに出かける。店の名前は「宝鏡堂」。何杯かレアモルトを飲んだが、グレンタレットのクリーミーで奥深い味わいに、ほかのモルトの味を忘れてしまった。この出合いが、1997年にオープンした「もるとや」のはじまりになる。

看板の文字は、高橋さんのご長男が小学1年生のときに書いたもの。平たい絵の具の筆を持たせて、半紙に何枚か書かせてみたところ、なかなか味のある仕上がりになった。マニアックな店名とバックバーに広がるシングルモルトに、最初は構えてしまうかもしれないが、その文字と高橋さんの飾らない人柄が肩の力を抜いてくれる。

 

もるとや 池袋店 高橋克幸さん
東京都豊島区東池袋1-8-6 DKY12ビル1F
03-5952-9277
16:00~04:00(土15:00~04:00、日・祝15:00~02:00)
無休

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

SNS