リターナー

 

上はグレープフルーツ・ジュース、下は紅茶。2つの層を混ぜて飲むと、爽やかなフレーバーが広がる……。横浜の老舗紅茶専門店「サモアール」でセパレートティーに出合い、リキュールを使って再現したいと考えた會津敏昭さんは、世界中から紅茶リキュールを取り寄せて試作を重ねた。しかし、いずれも満足できるものはなく、自らリキュールの開発に着手することになる。

「やっと見つかった。このアールグレイ茶葉を使えば、最高の紅茶リキュールができる」

スリランカの名ティー・テイスター、アンスレム・ペレラ氏が選ぶ茶葉。品質の高さは言うまでもなく、花のような香りと爽やかな渋みが印象的だった。それからは、アルコール1ℓに対して茶葉は何gか、その絶妙な比率に辿り着くまで幾度もテイスティングを繰り返した。

そして2007年、リターナーの前身である「ルーシー」が誕生するが、會津さんはまだ改良の余地があると睨んでいた。ベースとなるアルコールを変え、度数も25度から24度へ。それによって茶葉から出るエキス分が濃くなり、まろやかになった。2013年、「リターナー」の誕生だ。グレープフルーツ・ジュースとトニックウォーターで割ったカクテルは、「ザ・リターナー」と名付けられた。

ほかの紅茶リキュールとの最たる違いは、牛乳で割ったときのフレーバー。100%オーガニックでつくられているため、ごく自然なロイヤルミルクティーを感じることができる。ケミカルだったり、紅茶の香りが飛んでしまったりすることはない。

今や国内外で話題の紅茶リキュール。カルーア・ミルクのように、その名が定着する日はそう遠くないかもしれない。

 

GRAND MASTER(グランドマスター) 會津敏昭さん
東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビルB1F
03-6265-1076
18:00~02:00
無休

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

SNS