ボウモア6年 アイラフェス2006

2006年5月末、藤井達郎さんはスコットランド・グラスゴーへ向かう機内にいた。初めての海外旅行、偶然にも出発日は自身の誕生日。期待と緊張の中、長時間のフライトを経て空港に降り立つと、パスポートを見た入国審査官に声をかけられた。時差のおかげで、再び誕生日がやってきたのだ。

「誕生日じゃないか、おめでとう」

やがて目的地のアイラ島に到着し、ボウモアの町を歩いていると、辺りはウイスキーと音楽の祭典「アイラフェスティバル」一色だった。どこか、バーはないだろうか……。藤井さんは、たまたま近くにいたひとりの青年に尋ねた。

「父親が経営しているホテルにバーがあるから、案内するよ」

ボウモアホテルは、宿泊客で賑わっていた。無論満室だったが、屋根裏のような場所で良ければと泊めてもらうことに。訪れたことのない、異国の地。不安だった藤井さんを、現地の人々は温かく受け入れた。

あくる日、ホテルの近くにあるボウモア蒸留所へ。島では唯一エリザベス女王が訪問した蒸留所で、その際に歓迎のしるしとして作られた樽がある。フロアモルティングの体験をした後、アイラフェスティバルの記念ボトルを見かけた藤井さんは、これを土産にしようと考えた。

「6年と若いですが、レモンやフルーツケーキ、グレープフルーツの皮のような香りがあって美味しいです。残り1本の半分を切っているので、これがなくならないうちにまたアイラ島を訪れたいですね」

ボウモアホテルは現在、代替わりして先の青年が経営者となっている。そう遠くない将来に、感動の再会があるかもしれない。

 

Eclipse first -Bar & Sidreria- 藤井達郎氏
東京都千代田区鍛冶町2-7-10 廣瀬ビル1F
03-3525-8653
15:00~00:00

 

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

絵:佐藤英行
文と写真:いしかわあさこ

 

SNS