Vol.12 BAR 霞町 嵐 竹田英和さん

登場カクテル「モスコー・ミュール」「イースト・サンライズ」

登場人物

【味香】バー初心者の20代。好奇心が人一倍強く、次々にバーの扉を開けていく。お酒は強いほう。

 

竹田英和さん(以下、竹田)こんばんは。

味香)こんばんは。こんなところにバーがある~って、思わず入っちゃいました。

竹田)ちょっと分かりづらい場所ですよね。

味香)近くにお店が何軒かありましたけど、どれも住宅街に溶け込んでますね。

竹田)此処も個人宅なんですよ。

味香)そうなんですか?

竹田)樹木希林さんのお宅です。今はお住まいではないですが、地下はスタジオとして使われていたそうです。入口の防音扉がその名残ですね。

味香)それが今はバーに……面白いですね。えっと、モスコー・ミュールをください。

竹田)かしこまりました。

<竹田さんがカクテルメイキング。銅製マグにライムを搾り、ウォッカとジンジャービアを注いで軽くステア。カットした生姜を入れる>

味香)すごいピリピリ感!

竹田)ウォッカに生姜を浸けているのと、ジンジャービアを使っていますので。

味香)浸けるって、梅酒みたいですね。ジンジャービアって何ですか?

竹田)「ビア」といっても、ビールではなくて生姜フレーバーの炭酸飲料です。ジンジャーエールより生姜が効いていて、刺激も強いですね。

味香)今までに飲んだものと、全然違います。

竹田)甘いジンジャーエールで作ると、だいぶ味わいが違ってきます。辛口のものもありますが、もともとモスコー・ミュールのレシピはジンジャービアで作ることになっているので、それにならっています。

味香)これくらいピリピリしていたほうが、キレがあっていいですね。何か軽くつまめるものはありますか?

竹田)ベーコンジャーキーはいかがですか?

味香)お願いします。

竹田)ベーコンを焼いて、スパイスをたっぷりかけてディハイドレーターで乾燥させました。

味香)自家製なんですね? 意外な食感!

竹田)カリカリッとしてますよね。

味香)ビーフジャーキーはよく食べるんですけど、柔らかいのと硬いのとがあるじゃないですか。どっちの食感かなと思っていたら、どちらでもなく。

竹田)ベーコンせんべいのような。

味香)手でパリッと割れるとは思いませんでした。

竹田)宜しければ、お水をどうぞ。八海山の仕込水です。

味香)八海山って、日本酒のですか?

竹田)そうです。口当たりが柔らかくて美味しいですよ。

味香)口の中がリセットされますね。チェイサーって大事なんだ……。次は、少し濃いめのデザートカクテルを頂けますか? ちょっと変わったものがいいです。

竹田)ブルーチーズはお嫌いじゃないですか?

味香)はい、大丈夫です。

竹田)ラムをベースに、ヨーグルトとブルーチーズ、蜂蜜を加えてシェイクしたカクテルがありますが、いかがでしょう?

味香)ヨーグルトとブルーチーズ? 飲んでみたいです。

<竹田さんがカクテルメイキング。ラム、飲むヨーグルト、ブルーチーズ、蜂蜜をシェイクして、カクテルグラスに注ぐ>

竹田)お待たせいたしました。「イースト・サンライズ」です。

味香)実はブルーチーズってそんなに得意じゃないんですけど、これは美味しいです。

竹田)良かった。ありがとうございます。

味香)これって、オリジナルカクテルですか?

竹田)先日、バカルディのカクテルコンペでファイナルに残った作品です。コンペではグラスにタイムを飾って、パンを2切れ添えました。

味香)いろいろなカクテルコンペがあるんですね。あぁ、このお水いいなぁ。

竹田)気に入ってくださいましたか? 八海山の生ビールもありまして、自家製のトマトジュースと混ぜた「レッド・アイ」も当店の人気商品です。

味香)生ビールもトマトジュースも気になります~。次回、一杯目はそれにしますね。

BAR 霞町 嵐     竹田英和さん

東京都港区西麻布3-23-14 内田邸 B1F
03-5772-8811
19:00~03:00
日、祝日の月曜休み
チャージ なし、サービス料 10%
席数 24
カクテル 1,200円~、ウイスキー 1,200円~(税抜)

本日のお会計
モスコー・ミュール 1,300円
イースト・サンライズ 1,400円
自家製ベーコンジャーキー 1,000円
サービス料 10%
計 4,400円

 

SNS