続・バーへいこう Vol.3 Bar彩月庵  峰澤悠介さん

登場カクテル「ジャポニスム」「ゴマと豆腐のカクテル」

登場人物

【味香】以前は広告代理店の営業だったが、バー好きが高じて酒場専門誌の編集に転職。以前に増して、いろいろなバーを巡るように。

味香)「Bar彩月庵」かぁ。<扉を開ける>

峰澤悠介さん(以下、峰澤)いらっしゃいませ。

味香)こんばんは。

客A)次は、さっぱりめのショートカクテルで。甘納豆をおつまみに頂こうかな。

峰澤)かしこまりました。

味香)和風な造りですね。店名に惹かれて来ました。

峰澤)ありがとうございます。埼玉県は「彩の国」とも言われますよね。この愛称は埼玉県の施設や食料品に付けられていて、当店の名前もそれを冠しています。彩の国の月、四季の彩りを楽しんで頂きたいという思いで名付けました。

味香)カウンターは一枚板……? バックバーの障子も素敵。

峰澤)障子の奥にすべて収納してボトルは見えないようにするはずだったのですが、増えてきてしまって。ですから、見えるものは国産のウイスキーやジンを中心にしています。カウンターは、樹齢800年の楓を使っています。<客Aにカクテルを差し出す>お待たせいたしました。「ブロンクス・テラス」です。

味香)<黒板メニューを見て>大葉はどんなカクテルになりますか?

峰澤)モヒート、またはウォッカベースの甘酸っぱいロングカクテルをお選び頂けます。

味香)後者のほうで。それから「季節の羊羹」をください。

―峰澤さんがカクテルメイキング―

味香)かわいいグラス!

峰澤)愛知県にある石塚硝子の食器ブランド「アデリア」のロックグラスです。波間に飛ぶ千鳥は「波千鳥」と呼ばれて、夫婦円満・家内安全・目標達成など縁起が良い紋様とされています。手ぬぐいなどにも見られるデザインですね。

味香)小梅に挿したピン、楊枝も和風ですね。

峰澤)玉かんざしを模して作った竹の楊枝です。通常は和菓子などに使いますが、カクテルピン代わりにしてみました。小梅を召し上がったら、隣に添えた懐紙に置いてくださいね。

味香)これは花菖蒲ですか?

峰澤)そうです。夏は金魚や花火、秋にはお月見などが描かれた懐紙に変えています。<季節の羊羹を差し出す>

牡丹の美しさを表現した羊羹です。「とらや」さんから仕入れています。

味香)綺麗な色。きっと、花と葉を表しているんでしょうね。

峰澤)大葉のようなさっぱりしたものと合わせると、羊羹の甘さがキレイに広がると思います。

味香)ところで、どうして和風のバーを?

峰澤)もともと和食の料理人だったからかもしれません。仕事帰りにバーへ寄って飲んでいたら、バーテンダーの仕事に興味が沸いてこの世界に入りました。

味香)ここをオープンする前はどちらで?

峰澤)銀座の「Bar KYu」です。オーナーバーテンダーが羽角さんという人で、とてもお世話になりました。

味香)何年くらい勤務されたんですか?

峰澤)6年半ほどです。

客A)そうだ、この前羽角さんに会いに行きましたよ。相変わらず、落語会を開催しているみたいだね。峰澤さんも一度、前座で話したことがあったっけ。

峰澤)あれは緊張しましたよ。5分くらいでしたが、貴重な体験をさせて頂きました。

味香)店内のどのあたりでお話されたんですか?

峰澤)奥のテーブル席に座布団を置いて、そこを高座にしました。林家正蔵さんの一番弟子、林家たけ平さんに毎回お越し頂いていましたね。

客A)少し甘いカクテルを飲んで、帰ろうかな。バナナを使って何か。

峰澤)バナナにゴディバのチョコレートリキュールとブランデー、牛乳を混ぜたカクテルをお出ししますね。

味香)あっ、私もお願いできますか? メニューにある「ゴマと豆腐」のカクテルを飲んでみたくて。

峰澤)ベイリーズとアマレットを使った甘口のカクテルになります。

―峰澤さんがカクテルメイキング―

味香)甘いけど、ゴマと豆腐だからヘルシーな感じがしますね。

客B)すみません、「チャーリー・チャップリン」のおかわりを。

峰澤)いつもありがとうございます。

味香)チャップリンの名前が付いたカクテル?

峰澤)スロージンとアプリコットブランデー、レモン・ジュースをシェイクして作るカクテルです。ほかにも人名が付いたカクテルはいろいろありますよ。『風と共に去りぬ』に登場するスカーレット・オハラやレッド・バトラー、女優のシャーリー・テンプル。

味香)シャーリー・テンプルは聞いたことがあるような。

峰澤)ジンジャーエールにグレナデン・シロップを加えたノンアルコールカクテルです。

客B)そういえば昔、銀座に「Old Movie」というお店があって、映画スターの似顔絵が描かれたコースターやカクテルが出されていました。懐かしいなぁ。

峰澤)好きな俳優さんの名前が付いたカクテルがあると、嬉しいですよね。

味香)そんなカクテルがあったなんて。今度試してみます。

Bar彩月庵         峰澤悠介さん
埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3F
048-782-8558
17:00~02:00(祝~01:00)
日曜日(祝前日の場合、月曜休み)
チャージ 800円、サービス料なし
席数 17
カクテル 900円~、ウイスキー 800円~、ビール 800円~(税抜)

 

本日のお会計
ジャポニスム 1,200円
ゴマと豆腐のカクテル 1,200円

季節の羊羹 700円
チャージ 800円
計 4,210円

※合計は税込価格です

 

 

SNS