続・バーへいこう Vol.6 Bar Landscape.  松尾一磨さん、民子さん

登場カクテル「フルーツトマトのマティーニ」「アメリカン・ビューティ」

登場人物

【味香】以前は広告代理店の営業だったが、バー好きが高じて酒場専門誌の編集に転職。以前に増して、いろいろなバーを巡るように。

【瞳】酒場専門誌の編集部に勤める味香の同僚。美味しい食事とお酒のためなら、どこへでも行く。

 

瞳)4月にオープンしたバー、最近お気に入りなの。行かない?

味香)行きましょう! まだ飲めますし。

瞳)さっきまで立ち飲みだったから、ゆっくり飲もっか。

味香)いいお店でしたね。ミッドタウン日比谷の中に、あんな場所があったなんて。

瞳)日本酒が進み過ぎちゃうよね。あっ、そこの地下。<2人で地下へ>

松尾民子さん(以下、民子)いらっしゃいませ。こちらの席へどうぞ。

瞳)「グラス・ハープ」をください。

民子)ありがとうございます。

味香)<飾ってあるトマトを見て>トマトを使ったカクテルを頂けますか?

松尾一磨さん(以下、松尾)ブラッディ・メアリー、マティーニ、フローズンなどがご用意できます。

味香)マティーニで。

松尾)いつもはジンでお作りしますが、シェリーを使った軽い口当たりのマティーニもございます。

味香)シェリーのほうでお願いします。

―松尾さんがカクテルメイキング―

味香)さっぱりしてて美味しい。ガスパチョみたいですね。瞳さんのは?

瞳)民子さんのオリジナルカクテルなの。爽やかで、飲んだ後にふわっと抹茶が香るのがいいんだよね。ラムベースで、ミスティア(※1)と抹茶リキュール、あと何でしたっけ?

民子)グレープフルーツ・シロップとレモン・ジュースです。

味香)ちょっと軽くつまもうかな。レーズンバターはありますか?

民子)はい、ご用意しますね。

瞳)味香ちゃん、すぐ近くのバー「リトルスミス」へ行ったことは?

味香)前の会社の先輩に連れて行って頂いて、それから何回か。あっ!

松尾)そちらでお会いしていますよね。

味香)そうでした。カウンターの曲線といい、ジョージ・ナカシマさんの椅子といい彷彿とさせますね。

瞳)見る人が見るとわかるみたいだけど、このアサメラのカウンターはかなり凝ったつくりらしいよ。肘掛けの部分とか。

民子)<味香にレーズンバターを差し出す>お待たせいたしました。

味香)軽くてお菓子みたい。バターというより生クリームを食べている感覚ですね。

民子)銀座3丁目のホールショートケーキ専門店「crèam fraise génoise(クレーム フレーズ ジェノワーズ)」のパティシエさんにお願いして、特別に作って頂いています。彼女は前職場(※2)のお客さまで、独立することをお話したら「何か協力します」と言ってくださって。当店の生チョコも、そちらのものです。

瞳)そうそう、ウイスキーに生チョコを浸して食べるの面白かった。

民子)通常は液体にくぐらせるとチョコが溶けて濁ってしまいますが、口の中で溶けるように作られています。

瞳)ジンやブランデーにも合いますよね。次は「花見鳥~うぐいす~」をお願いしようかな。

味香)私はブランデーベースのショートカクテルを。甘口でそれほど強くないほうがいいです。

民子)「アメリカン・ビューティ」をお作りしますね。

―民子さんがカクテルメイキング―

味香)花見鳥というのは?

瞳)一磨さんのオリジナルで、抹茶と柚子を使ったジンベースのカクテル。お二人ともN.B.A.の大会(※3)で総合優勝されていて、その時のカクテルも良いけれど私はグラス・ハープと花見鳥が好きで。

味香)大会の練習は何か月くらい前から始めるんですか?

松尾)2~3か月前から練習しますが、カクテルのレシピやフルーツ盛りのデザインなどはそれより前から考え始めます。若い頃は頻繁に大会があったので、ほぼ一年中練習していました。営業後に皆で集まったりして。

瞳)私たちが大会で目にするのは創作カクテル部門だけだけど、学科やフルーツカッティング、課題カクテルもあるから大変だよね。

味香)フルーツは、練習でかなりの量を使いますよね。お金もかかるし、たくさんカットするから食べきれない……。

民子)最初は自分で食べたり料理に使ったりしていましたが、量が量なので。料理好きな知り合いに使ってもらったり、母が取りに来てご近所さんに配ってくれたりしました。

味香)競技では、盛り付け例に従って?

松尾)使用するフルーツは決められていますが、形は自由です。美しく盛り付けるだけでなく、その工程もとても大事で。必要以上にベタベタ触ったり、食べられるところを捨てたりすると減点。お客さまに見られていることを意識しながら、色彩やデザイン、食べやすさなどを考えてカットします。

味香)そうやって大会でご活躍されたお二人が一緒にお店を出す、となった時にレシピ合わせは大変だったんじゃないですか?

松尾)いえ、あえて合わせないようにしました。お客さまにそのほうが良いと言われまして。

味香)確かにそれぞれの個性が出ますもんね。同じカクテルで飲み比べもできるし。

瞳)良いパートナーだよね。

味香)ひとつのバーで、2度楽しめるような。

瞳)お二人が並ぶカウンターの景色を見たくて来店するお客さんも多いと思う。私もずっと眺めていたいわ。

※1 フランス産のマスカット・リキュール。

※2 「BAR オーパ」のこと。銀座店と門前仲町店がある。

※3 N.B.A.(一般社団法人 日本バーテンダー協会)が主催する「全国バーテンダー技能競技大会」。松尾一磨さんが2013年、民子さんが2016年に総合優勝している。

 

Bar Landscape.   松尾一磨さん、民子さん
東京都中央区銀座6-4-9 SANWA GINZA Bldg. B1F
03-6263-8448
17:00~01:30L.O(土~00:00L.O)
日曜日、祝日休み
チャージ 1,100円、サービス料なし
席数 23
カクテル 1,430円~、ウイスキー 1,430円~、ワイン 1,650円~(税込)

 

本日のお会計
フルーツトマトのマティーニ 2,200円
アメリカン・ビューティ 2,200円
レーズンバター 1,320円
チャージ 1,100円
計 6,820円

※合計は税込価格です

 

 

SNS