続・バーへいこう Vol.20 Bar Pálinka 松沢 健さん

登場カクテル「パーリンカ・スリング」「ツヴァック・ネグローニ」

登場人物

【味香】以前は広告代理店の営業だったが、バー好きが高じて酒場専門誌の編集に転職。以前に増して、いろいろなバーを巡るように。

【健】味香の弟で、就職活動中。高校生からアルバイトを続けている飲食業に就職するべきか、悩んでいる。

健)ハンガリーのお酒⁉ 想像つかないな。

味香)私もよく知らないんだけど、「パーリンカ」っていう蒸留酒なの。それを専門に扱うバーがあって。<2人で階段を上る>

松沢健さん(以下、松沢)いらっしゃいませ。

味香)こんばんは。

健)バックバーがカラフルだね。

味香)よく見ると和風で、千代紙が並んでいるみたいでしょ。確か、壁の模様はお酒のテイスティングノートを表しているんでしたよね。

松沢)はい。ハーブ、スパイス、フルーツなど、目には見えない香りを縦長のタイルで視覚的に具現化しました。例えば洋ナシ、クルミ、スターアニス、スモーキーなど。常に良い香りが楽しめるよう、パーリンカは縦長のボトルが多いので、それに合わせて縦長のタイルを使っています。

健)縦に長いボトルだと、香りが良くなるんですか?

松沢)ボトルを細くすることで、液体と空気の接地面を少なくして劣化を最小限に抑えています。ほかのお酒は700mlとか750mlのボトルが多いですが、パーリンカは500mlや350mlといった少なめの容量が一般的ですね。

健)置いてあるのはパーリンカだけですよね。何をどう頼めばいいか……。

松沢)パーリンカを主体に取り扱っていますが、スタンダードカクテルもお作りできます。普段はどのようなものを召し上がっていますか?

健)ジン・トニックを飲むことが多いです。でも、せっかくだからパーリンカを使ったカクテルをください。

松沢)では、シンプルにパーリンカ・トニックにしましょうか。一杯目によくご注文頂きます。

味香)私は炭酸が入らないロングカクテルをお願いします。パーリンカベースで。

―松沢さんがカクテルメイキング―

松沢)甘味と酸味、水を加えてスローイングした「パーリンカ・スリング」をお作りしました。ベースのパーリンカはジメック蒸留所の「イルシャイ・オリヴィエ・スールー」。スールーはブドウ、イルシャイ・オリヴィエは白ワインのブドウ品種で、マスカットのように甘く爽やかな香りがします。<カステラを差し出す>

近くにある「五十鈴」さんのカステラです。ハンガリーの伝統的なケーキ「ベイグリ・マーコシュ」をお通しでお出しすることが多いのですが、今日は品切れで。

健)ところで、パーリンカはどんなお酒なんですか?

松沢)ハンガリーのフルーツで造られた蒸留酒です。ハンガリー産のフルーツを使ってハンガリー国内で製造、熟成は樽かステンレスタンク、度数は37.5~86%までなど、パーリンカ法という法律で細かく定められています。それから基本的に砂糖などの添加物は認められていません。

味香)パーリンカに出会ったのは、前のお店(※)に勤務されていたときでしたっけ。

松沢)そうですね。それから現地へ行って、パーリンカを日本で広めたいという気持ちが強くなりました。日本に輸入されていないお酒でしたし、ほかに取り扱っている人がいなかったので。

健)バーテンダーさんの服装はハンガリーのものですか?

松沢)パーリンカ騎士団の正装です。パーリンカ騎士団はハンガリー政府管轄の格式ある団体で、パーリンカの普及・発展に尽力する人たちで形成されています。僕は一度入団を断られたのですが、日本での活動を説明してなんとか入ることができました。

健)服装も、お店の内装も個性的でいいですね。照明や椅子もひと味違うというか。

松沢)上の階に共同で経営しているデザイン会社がありまして、意思の疎通がとれたのも大きいですね。いま手続き中ですが、そちらでは事業の一環としてお酒の輸入販売も行う予定なので、パーリンカをボトルで購入することもできますよ。

健)パーリンカ、ストレートで飲んでみようかな。パーリンカ・トニックで使ったものを頂けますか?

味香)私はショートカクテルで、甘苦い感じがいいです。

松沢)ハンガリーの薬草酒「ウニクム」とプラムのパーリンカをステアしたカクテルをお出ししますね。

―松沢さんがカクテルメイキング―

健)アプリコットのパーリンカ、美味しいです。

松沢)桃のジュースをチェイサーにどうぞ。

健)お水じゃなくて、桃のジュース?

松沢)桃とアプリコットは、同じバラ科です。パーリンカは香りから想像するよりドライな味わいなので、チェイサーで甘味を補足することでそのギャップを埋めて、パーリンカのフルーティな香りを高めるようにしています。例えばカシスのパーリンカなら、クレーム・ド・カシスをチェイサーにします。

健)確かに、思ったよりドライですね。

松沢)アプリコットと同じ杏からできているアマレットをお出しすることもあります。

健)いろいろと考えられているんですね。また勉強しに来ます。

松沢)是非、またいらしてください。<名刺を差し出す>

健)健さん⁉ 僕と同じ名前、漢字も一緒だ。

松沢)凄い偶然ですね。

健)これは通うしかないですね。これからもいろいろと教えてください。

 

※ 前のお店
新宿のバー「BAR B&F」。フルーツブランデーを専門に扱っている。

Bar Pálinka         松沢 健さん
東京都新宿区神楽坂3-6-63 佐藤ビル2F
03-6265-0544
16:00~01:00
火曜日、第3月曜日休み
チャージ 10%、サービス料なし
席数 12
カクテル 1,300円~、パーリンカ 1,200円~(税抜)

 

本日のお会計
パーリンカ・スリング 1,600円
ツヴァック・ネグローニ 1,600円
チャージ 320円
計 3,900円
※合計は税込価格です

 

SNS