続・バーへいこう Vol.24 Low-Non-Bar  宮澤英治さん

登場カクテル「ローノンバー」「旨味 バージンメアリー」

登場人物

【味香】以前は広告代理店の営業だったが、バー好きが高じて酒場専門誌の編集に転職。以前に増して、いろいろなバーを巡るように。

【カオル】中学時代からの味香の親友。バーの雰囲気は好きだが、あまりお酒が飲めない。

 

カオル)ここ、場所もいいでしょ。

味香)東京駅の八重洲口を出てから、そんなにかからなかった。カオルは日本橋から来たの?

カオル)丸善につながる出口からだから、2分くらいかな。近いよね。

宮澤英治さん(以下、宮澤)カオルさんには、店がオープンした時からいらして頂いて。<メニューを差し出す>

カオル)開く向きによって、ノンアルコールとローアルコールのメニューに分かれてるの。

味香)なるほど、カオルにぴったりのバーだね。店名と同じ名前のカクテルが最初に載ってる。

カオル)初めて来たとき、私はそれを飲んだよ。

味香)そしたら「ローノンバー」と「前菜の盛り合わせ」をください。

カオル)私は「フレグラント・アップル」を。

味香)<メニューを見て>No.8ジンにアップルソース、フィーバーツリーのエルダーフラワー……。

宮澤)横浜ハンマーヘッドにあるレストラン「Quays pacific Grill」内にある蒸留所で造られているジンです。そちらのヘッドバーテンダー、深水さんが考案されたレシピですね。彼はディスティラーでもあります。

―宮澤さんがカクテルメイキング―

味香)鳥のグラス、かわいいですね。ノンアルコールだけど、お酒を飲んでいるような気分になれるのはどうしてだろう。

宮澤)アルコールが入ったカクテルですと、甘酸味のバランスや一体感を重視して作りますが、ノンアルコールはそれを踏まえた上で印象に残るようなテイストをあえて加えています。何か、引っかかるような。それを酸味、苦味、渋味、うま味とカクテルによって変えています。

味香)最後に入れていたのは何ですか?

宮澤)オレンジ&ジンジャーフレーバーのシュラブです。アップルビネガーをベースにボタニカルと果汁でフレーバー付けしていて、ほかにもライム&ジュニパーなど合わせて4種類あります。ノンアルコールながらお酒のように楽しめる「オルタナティブ・ドリンク」というカテゴリに可能性を感じて、ノンアルコール・ローアルコール専門のバーを始めました。<前菜盛り合わせ3種を差し出す>左からキャロットラペ、合鴨のパストラミ、スモークサーモンです。

カオル)ローアルコールのカクテルを飲んで、私も少しずつお酒を飲めるようになったみたい。この前、こちらに伺った後に2階へハシゴしたの。

宮澤)上の階に姉妹店のバー「カクテルワークス東京」がありまして、そちらはクラフトジンやウイスキー、ベルモットなどのお酒と、イタリアンをベースにした料理がお愉しみいただけます。

味香)逆に少しクールダウンしたいから、1階に来るというお客さんもいそうですね。

宮澤)実際に、そういう使い方をして頂いています。2階から降りてくる方もいらっしゃいますし、居酒屋で飲んだ後に、もうそれほど飲みたくないけど1人や2人で静かに話したいといったときに。

カオル)コーヒーを飲みにカフェでも良いけど、オーセンティックなバーで2次会のほうが私はいいな。宮澤さん、「TYコーヒー」を頂けますか?

味香)これはアマレットにエスプレッソ、生クリーム……美味しそうだね。

宮澤)四ツ谷のバー「ティグラート」のバーテンダーさんが考案してくださったレシピです。“TY”は彼のイニシャルで。先ほどの深水さんもそうですが、ノンアルコールバーという新業態の出店にあたって皆さんと一緒に盛り上げていけたらと私からお願いしました。

味香)もしかして、“TY”は高宮さんですか? 時々お店に伺っています。

宮澤)そうなんですね。アマレットは、日本バーテンダー協会(N.B.A.)六本木支部が宇都宮の「栃木リキュール」という会社に生産委託をしたオリジナルボトルです。一般的なアマレットは杏の種子が原料ですが、こちらは枇杷の種子を使っています。エスプレッソは、清澄白河のロースタリー「オールプレス・エスプレッソ」の浅煎りです。

カオル)軽井沢のお店(※)でもコーヒーを販売していますよね。

宮澤)深煎りやブレンドは「軽井沢コーヒーカンパニー」の豆を使っています。

味香)いろいろなお店のものを使ったり、バーテンダーさんのレシピを取り入れたりしているんですね。次は「旨味 バージンメアリー」をお願いします。

―宮澤さんがカクテルメイキング―

宮澤)ウイスキーを模したノンアルコールジンをベースに、トマト、椎茸茶、黒トリュフ塩を使いました。ノンアルコールジンは、横浜のバー「ネマニャ」の北條さんが開発されたものです。

味香)北條さんのお店も、先日伺いました。ノンアルコールも面白いですよね。

宮澤)軽井沢のECサイトで先ほどのシュラブや「ローノンバー」6杯セット、北條さんの「NEMA」シリーズも販売しています。

カオル)ノンアルコールの需要が高まっているから、これからが楽しみ。でも、時々2階へハシゴしてカクテルを飲むのもいいよね。

味香)じゃあ、飲み終わったら2階へ行ってみようか。

カオル)いいね、行こう!

 

※ 軽井沢のお店
宮澤さんが軽井沢で営む「バーテンダーズ・ジェネラルストア」のこと。酒類、バーグッズ、アンティーク雑貨の販売をしている。

Low-Non-Bar     宮澤英治さん
東京都中央区日本橋3-2-4 nefi nihombashi 1F
03-6665-6022
営業時間はSNSなどでご確認ください。
https://www.facebook.com/Low-Non-Bar-102809344666176/

不定休
チャージ 800円、サービス料なし
席数 22
カクテル 1,400円~、ワイン(ノンアルコール) 800円~(税抜)

本日のお会計
ローノンバー 1,400円
旨味 バージンメアリー 1,400円
前菜盛り合わせ3種 1,500円
チャージ 800円
計 5,610円

※合計は税込価格です

 

 

SNS