Home 動画・連載 思い出のボトル

思い出のボトル

シャトー・ムートン・ロートシルト1976

誕生日や記念日など、特別な日を祝う際に贈られるヴィンテージワイン。三十路を迎える節目の年、山田高史さんのもとにソムリエである友人からバースデーヴィンテー...

サントリーウイスキーオールド

ダルマの愛称で親しまれる「サントリーウイスキーオールド」が産声をあげたのは、1940年11月だった。戦災を免れ、発売されたのが1950年。山崎蒸溜所で1...

ラフロイグ15年

ガード下に飲食店が連なる神田駅界隈。南口から東京駅方面へ少し進むと、「Sandy Mac」のネオンが窓に掛かっている。有楽町「キャンベルタウンロッホ」、...

ゴードン ロンドン ドライジン

鮮やかな翡翠色が目を引くバックバーには、ボトルではなく食器が並んでいる。アメリカ・アンカーホッキング社の耐熱ガラスブランド「ファイヤーキング」の皿やマグ...

アイル・オブ・ジュラ クエルクス2周年記念ボトル

ヴァイキングの言葉で「鹿の島」を意味するスコットランド・ジュラ島には、野生の鹿が4~5千頭も棲息している。人口は200人ほどだから、鹿に出会う確率のほう...

ザ・フェイマスグラウス ファイネスト

スコットランドの国鳥である雷鳥は、年間を通して同じ場所で過ごし、季節による移動をしない留鳥だ。夏は黒褐色、冬は純白と羽毛の色を変化させる。この雷鳥をラベ...

ビーフィーター クラウンジュエル

ロンドン塔を守る近衛兵、ビーフィーター。彼らはクラウンジュエル(王家の宝)を守り、国王主催のパーティで残った牛肉の持ち帰りを許可されたことからBEEF+...

アードベッグ1976 マネージャーズ・チョイス

LPは直径30㎝、よってジャケットは32~3cmの正方形。35cmの高さと奥行をもたせれば、レコード棚として効率がいい。音楽業界にいた鈴木勝雄さんは、自...

アードベッグ ウーガダール

海を思わせるヨード香とスモーキーフレーバー、フルーティでスイート……。アードベッグといえばそんなテイスティングコメントが思い浮かぶが、仕込水として使われ...

ジョニーウォーカー ブラックラベル

「船乗りだった父が、いつも土産に買ってくるのがジョニ黒でした。当時は1万円もする高級品で、憧れのボトル。飲まずに飾っておく人も多かったようですが、父は水...

ドンナ・セルヴァーティカ

天使のようなグラッパ職人と言われたロマーノ・レーヴィは、イタリア・ピエモンテに住み、父親から受け継いだ昔ながらの製法を貫いた。戦前から伝わる直火式蒸留機...

ボルス コーレンヴィン6年

  2011年3月、新井洋史さんは「ボルス・アラウンド・ザ・ワールド」(※)のファイナルにアジア代表として出場するため、オランダ・アムス...

リターナー

  上はグレープフルーツ・ジュース、下は紅茶。2つの層を混ぜて飲むと、爽やかなフレーバーが広がる……。横浜の老舗紅茶専門店「サモアール」...

スプリングバンク8年 ペアシェイプ

有楽町駅・日比谷口を降りて線路沿いに歩いていくと、下へ伸びる狭い階段に「CAMPBELLTOUN LOCH」の文字がある。降りた先にある引き戸の向こうは...

グレンタレット1966

グレンタレット1966は、漆黒のフロスティボトルに蒸留年と瓶詰年がローマ数字で表記された、心惹かれる一本だ。映画のクレジットなどでもこの表記は使われてい...

タンカレー・ジン ティンキャップ

イギリスはエセックス州のバジルドン。ロンドンから東へ40キロほど離れた場所で、その中にレインドンという町がある。以前から新しいマティーニを創作したいと考...

思い出のボトル

スコッチモルト販売株式会社 SAKETRY - サケトライ -より 思い出のボトル 絵:佐藤英行 文と写真:いしかわあさこ