ザ・フェイマスグラウス ファイネスト

スコットランドの国鳥である雷鳥は、年間を通して同じ場所で過ごし、季節による移動をしない留鳥だ。夏は黒褐色、冬は純白と羽毛の色を変化させる。この雷鳥をラベルに据えたウイスキーにも「ザ・ブラック・グラウス」「ザ・スノー・グラウス」といった銘柄があり、その色も黒と白だ。

スタンダード品として知られる「ファイネスト」は、スコットランドの荒野に生息する赤い雷鳥が描かれ、現地で常にトップシェアを誇っている。発売当初の1896年には「グラウス」と呼ばれていたが、その人気から1905年に「ザ・フェイマス(あの有名な)グラウス」と名前を変えた。20年ほど前、駆け出しのバーテンダーだった井口法之さんは、この赤い雷鳥の逸話を客人から聞き、感銘を受ける。

「暖かい春も極寒の冬もひとつの場所に留まって、季節に応じて羽毛の色を変えながら凌ぐ姿は、いつも変わらずカウンターに立ち続けるバーテンダーと相通ずるところがあります。『ここに座った人の喜びや悲しみを分かち合えるサービスマンになりなさい』とお客様に教えられました。その言葉を胸に、ずっと飲み続けています」

現在、井口さんはガスライト霞ヶ関本店、銀座店、四谷店のオーナー兼チーフバーテンダーで、いずれもウイスキーベースのカクテルにはファイネストを使用している。マッカランやハイランドパークなどがブレンドされ、フルーティでなめらか。後味がすっきりとしたブレンデッドウイスキーで、どのカクテルにもよく合う。

100年以上の歴史を歩み続けてきた雷鳥が、今宵も井口さんとガスライトを見守っている。

 

 

ガスライト霞ヶ関本店 井口法之氏
東京都千代田区霞ヶ関3-3-3 全日通霞ヶ関ビル1F
03-3592-0008
18:00~03:00(土17:00~23:00)
日・祝休み

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

SNS