PBOカクテル&バーフェスタ2018 レポート

7月29日(日)、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにおいて「PBOカクテル&バーフェスタ2018」が行われました。テーマは「バーテンダーを体感しよう!」で、4回目の開催となります。

受付がある3階までエスカレーターで上っていくと、まず見えるのはベネンシア体験ブース。その奥にカクテル体験ブースがあって、「ビルド」「ステア」「シェイク(ショート)」「シェイク(ロング)」と分かれています。

シェイクの「ジン・フィズ」を体験した後、ステアの「ロブ・ロイ」の列に並んでみました。シェイカーからメジャーカップやバー・スプーンの説明、振り方までとても丁寧に教えて頂いたシェイクブース同様、ステアも時間をかけて説明してくださいます。

できあがったのが、こちら。

バーテンダーさんに作って頂くカクテルには到底及びませんが、自分で作ったカクテルを飲むことができるのは嬉しいですね。

また、同じフロアにはPBOカクテルブースとしてご当地素材を使用したカクテル「ファーム・トゥ・グラス」や、名バーテンダーがお届けする「スペシャルカクテルライブ」がありました。

14時からは「銀座TENDER」上田和男さんのギムレット、15時からは「The Bar 草間 GINZA」草間常明さんの雪国、16時からは秋田「BAR ル・ヴェール」佐藤謙一さんのマンハッタンが提供され、大行列!

こちらは草間さんの「雪国」。

地下のセミナールームでは、カクテルの名作・雪国を描くドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」の魅力を語るセミナーが開催されました。

さて、2階へ移ります。

まず正面にある桜の間の「ワールドリカー セレクションゾーン」では、メーカー各社ブースが並び、さまざまな酒類を試飲することができます。さらに、メインステージでは「オリジナルモヒートカクテルコンペティション」、「PBO新旧チェアマン対談」などがあり、会場を盛り上げていました。

脇にある芙蓉の間では「ワールドワイド コンペティションゾーン」として、各メーカーのカクテルコンペで活躍したバーテンダーさんたちが優勝カクテルなどを振舞ってくれます。

桜の間に戻ると、「オリジナルモヒートカクテルコンペティション」の結果発表が。赤坂「Bar Blossom」の礒口みゆきさんが見事優勝!

磯口さんは先日の「PBO主催全国バーテンダーズ・コンペティション2018」のクリエイション・カップでも優勝され、勢いに乗っていますね~。

2階と3階を行ったり来たりするだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。来年も楽しみです!

 

 

 

SNS