ボルス コーレンヴィン6年

 

2011年3月、新井洋史さんは「ボルス・アラウンド・ザ・ワールド」(※)のファイナルにアジア代表として出場するため、オランダ・アムステルダムへ飛んだ。大会の選手が集うミーティングルームに顔を出すと、ジュネヴァなど数種類のボトルが並んでいる。新井さんはその中で、あるシックな黒いボトルに惹かれた。

ジュネヴァはジンの起源といわれ、ライ麦、トウモロコシ、小麦を単式蒸溜器で3 回蒸溜したスピリッツだ。ウォッカのように透明でありながら、ウイスキーのような風味をもつ。それをオーク樽で18か月以上熟成させた「バレルエイジド」という製品があるが、コーレンヴィン6年はその表記のとおり、さらに熟成させたもの。草や土のようなフレーバーと、柔らかい甘さが広がる逸品である。香り、甘味、喉越しなどのバランスが良く、さらに熟成されたタイプもあるが、6年がベストと新井さんは頷く。

オランダではこれをチューリップグラスに注ぎ、ストレートで飲むのが主流。通常のジュネヴァは冷やして飲むが、コーレンヴィンは常温がいい。チェイサーは、同じオランダ産のビール、ハイネケン。選手たちは大会前、ジュネヴァの研究室などいろいろなところに案内されるが、必ずジュネヴァが供される。朝から夜まで、連日皆で飲み続けるそうだ。

「あまりに飲み過ぎて、オランダではもうボトルを見たくないとまで思いました。でも、日本に帰ってきて飲んでみると、共に過ごし戦った友人と、あの日の感動を思い出します」

新井さんはこの大会で、世界2位を手にした。日本人初の快挙だった。

 

※リキュールメーカーとして知られる、ボルス社主催のカクテルコンペティション。オランダ・アムステルダムに本社がある。

 

Bar 猫又屋(バー・ネコマタヤ) 新井 洋史さん
栃木県足利市家富町2222-2
0284-43-2678
19:00~02:00(土~03:00)
日曜、第3月曜休み

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

(写真:新井洋史さん)

SNS