ドンナ・セルヴァーティカ

天使のようなグラッパ職人と言われたロマーノ・レーヴィは、イタリア・ピエモンテに住み、父親から受け継いだ昔ながらの製法を貫いた。戦前から伝わる直火式蒸留機を使い、燃料は蒸留後のヴィナッチャ(※)を乾燥させたものなども利用、その灰は肥料としてブドウ畑に撒く。すべて手造りで、エチケットも手描き。特に、可愛い女の子“ドンナ・セルヴァーティカ”が描かれたものは人気が高い。

その名を付けたバーが、渋谷のファイヤー通りにある。建築デザインに長年携わった古屋敷幸孝さんが、2009年にお酒とチョコレートとアートの発信地としてオープンした。

「10年ほど前、バー巡りをしていたときのことです。カウンターに座っていたら、遠くの席から良い香りが漂ってきて。思わず私も飲ませて頂いたのですが、今までに出合ったことのない、ブドウの皮や種の濃厚な深い香りを感じたんです。それが、ロマーノ・レーヴィのグラッパでした」

それまでシングルモルトを好んでいた古屋敷さんが、一瞬にして心を奪われた。その後、あるインポーターの酒蔵でドンナ・セルヴァーティカのエチケットを見つけ、それがお店のアイコンとなった。

もうひとつの看板であるファインチョコレートは40種類以上を常備し、お酒とのマリアージュを提案している。グラッパに合わせるなら、ミルクチョコレート。ショコラティエ・ミキのコーヒービーンズショコラや、ヴァローナのタナリヴァ・ラクテをお勧めする。それらを口の中で混ぜれば、まるでカクテル……。そんな素敵なマリアージュを、いつもバックバーから羨ましそうに“ドンナ・セルヴァーティカ”が眺めているのかもしれない。

 

※ワインを醸造する際に出る、ブドウの搾りかす。

 

ドンナ・セルヴァーティカ 古屋敷幸孝氏
東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォーレストモリタビル4F
03-6416-9272
18:00~02:00
日曜休み

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

SNS