レダイグ1992 10年 ブラックアダー

レダイグはスコットランド・マル島にあるトバモリー蒸留所が生産するピーテッドモルトの銘柄で、トバモリーの名が付くものはノンピートとして現在は位置づけられている。1798年の創業から休業と再開を繰り返しており、以前は蒸留所生産のものがレダイグ、同じアイランズ(諸島)エリアに分類されるジュラやタリスカーとのヴァッテッドがトバモリーと呼ばれていた。このボトルは1993年、グラスゴーのバーン・スチュワート社が買収する直前に蒸留されたものである。

「ボトラーズのウイスキーは加水してもどっしりとした感じのものが多いですが、これは麦の香りや樽香、ほのかなピート感が爽やか。全体的に朗らかなイメージで、新鮮でした」

当時、森田哲也さんが勤めていたバーはボトラーズブランドのウイスキーを数多く取り揃えていた。ウッドフィニッシュが台頭してきた時期に、対極にあるようなシンプルさ。この蒸留所へ行ってみたい……。森田さんは、5泊7日のスコットランド旅行へ出かけた。

まずはローランドのオーヘントッシャン蒸留所へ行き、車で移動するも、思うように動けずトラブル続き。最終日の前夜には、ハイランドのオーバンに辿り着いて翌朝にフェリーでマル島へ向かうはずだったが、パブで地元の人と意気投合して飲みすぎてしまう。目覚めると、既に出航後だった。

2005年に独立開業してから、長期間の休みはそう取れない。あれから10年以上の月日が流れたが、スコットランドへは行けず仕舞いだ。楽しくも、苦い思い出。しかし、いつか必ずあのフェリーに乗ってマル島へ行きたいと思っている。きっと蒸留所も、首を長くして待っているはずだ。

 

In The Still 森田哲也氏

神奈川県横浜市中区野毛町2-100
045-261-0888
18:00~02:00
日曜休み

※店舗情報は取材時のものです。営業時間帯等、変更されている可能性がありますのでご了承ください。

絵:佐藤英行
文と写真:いしかわあさこ

 

SNS