『東京 インターナショナル バーショー 2018 ~バー ミソロジー~』レポート

5月12日(土)から13日(日)にかけての2日間、東京ドームシティ プリズムホールで『東京 インターナショナル バーショー 2018 ~バー ミソロジー~』が開催されました。国内外からバーテンダーやバー愛好家が集う、酒類業界のビッグイベント。ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、ウイスキー、ブランデー、リキュール、ビールなどさまざまなお酒が並ぶだけでなく、その愉しみかたや新しい情報を得ることができます。今年の来場者数は2日間で延べ約12,300人で、年々確実にファンを増やしていますね!

昨年は各ブースのご紹介をしましたが、今年は48社の出展企業の中からブースで活躍するバーテンダーさんを主に撮影させていただきました。(パンフレット記載順、敬称略)

三和酒類株式会社

新宿「BAR BenFiddich」「BAR B&F」バーテンダーの鹿山さん。日本初のカクテルベーススピリッツ“TUMUGI”をベースに、“Oryzae sour ~ニホンコウジカビ(Aspergillus oryzae)”を提供していました。このカクテルは、2月に開催された「KOJI SOUR CHALLENGE」でグランプリを獲った作品で、鹿山さんは初代 KOJI World Ambassadorに就任しています。(画像が暗くてごめんなさい)

三陽物産株式会社

スコットランドのジン“ヘンドリックス”は、11種類のボタニカルにバラの花びらやキュウリのエキスが入っています。それをイメージしたオシャレなブースが登場。横浜「Newjack」などを手掛けるフレアバーテンダーの山本さん、銀座「BUTLER GINZA BRANCH」の水岸さん、西麻布「Bar Amber」の永峯さん、汐留「Park Hotel Tokyo」の南木さん、渋谷「TRUNK」の齋藤さんという豪華メンバー5名がジン・トニックなどのカクテルを振舞っていました。

サントリースピリッツ株式会社

「カクテルアワード」「MIXLDN」で活躍したバーテンダーさんたちが“ビーフィーター”“ROKU”“サウザ”を使った優勝カクテルを提供。

熊谷「Cafe & Bar Public Culture」の藤倉さん(作品名:ブリティッシュ シトラス カーディー サワー)

中目黒「PAVILION」の杉浦さん(作品名:レディ ジェーン グレイ)

隣のブースでは、銀座「BAR GOYA」の山崎さんが“ROKU”を使ったギムレットなどを作っていました。

キリンビール株式会社

“ジョニーウォーカー”といえば、ストライディングマン(闊歩する英国紳士)。右手にゴールドのストライディングマン(派手!)が立ち、迎えてくれます。「あの帽子が欲しい~」と、行列ができていました。

「キリンディアジオ ワールドクラス2017」日本代表に選ばれた槇永さんが、“ドン・フリオ ブランコ”を使った“トミーズ・マルガリータ”と“パローマ”を提供。

富士山麓ブースでは、マスターブレンダーの田中城太さんが樽からウイスキーを注ぐ場面も。

バカルディ ジャパン 株式会社

こちらではまず、スタンプラリー用の冊子が配られました。ブースに立つバーテンダーさんとカクテルの紹介もあって、とても分かりやすい! ブース内で3種類試飲すると抽選ができて、グッズやスペシャルカクテルが当たるというもの。

全5ブランドのカクテルは……

バカルディ(ラム)「バカルディ8 モヒート」
ボンベイサファイア(ジン)「ジン・トニック」
グレイグース(ウォッカ)「紫蘇ソルティドッグ」
パトロン(テキーラ)「パーフェクト・マルガリータ」
デュワーズ(ウイスキー)「ハイボール」

で、いろいろなお酒ベースのカクテルが愉しめました。

5名のレジェンドバーテンダーが監修した、ボンベイ・サファイアのためのトニックエッセンス

ゲストスピーカーである渋谷「BAR AdoniS」大沢さんのカクテルも大人気! 昨年、「パトロン ザ・パーフェクショニスト日本大会」で優勝されました。

今年BLCC(バカルディ レガシー カクテル コンペティション)で日本代表になった「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 Sky Gallery Lounge Levita」の阿部さん、BLCC2012で総合優勝し、Tales of the Cocktail「International Bartender of the Year 2017」を受賞した世界で活躍する後閑さんによるプレゼンテーションも大盛況でした。

レミーコアントロージャパン株式会社

何やら人だかりが……と思ったら、「ラ・メゾン・コアントロー ジャパン2017」で総合優勝された大阪「リーガロイヤルホテル セラーバー」の池上さんが、コアントローやマウントゲイを使ったカクテルを提供されていました。

シンガポール「Jigger and Pony」などで活躍するバーテンダー、江口さんの姿も!

ザ・ボタニストを使ったジン・トニック、マウントゲイXOのオールドファッションドもありました。

〇株式会社 田地商店(信濃屋食品)〇

モーリシャス産アグリコールラム“シャマレル”のスペシャルカクテルが14時と16時限定で飲めるということで、狙って行きました。銀座「Bar Lamp」中山さんによる“ラム マルティネス”と“モーリシャス ティポンシュ”です。

日和商事株式会社

貴州茅台酒(きしゅうまおたいしゅ)は中国の国酒で、歴史も古いです。そのままでも良いですが、カクテルにするとびっくりするほど飲みやすい。池袋のフレアバー「COLORSOL」市川さんが、ジャスミン・シロップとウーロン茶を使った“トランク・ヒル”というカクテルを作っていました。

ボビーズジン カンパニー

六本木「ザ・リッツ・カールトン東京 ザ・バー」の和田さんが、ボビーズジンを使ったカクテルを提供されていました。無塩のトマトジュースやエンドウ豆のピューレ、ジャワティーシロップなどを使ったカクテルで、「Bobby’s Schiedam Dry Gin Cocktail Competition 2017 JAPAN FINAL」で優勝した作品です。

〇リカーズハセガワ本店〇

150種類のジンを“フィーバーツリー プレミアム・トニックウォーター”で割って、その味を審査する「IWSC Gin & Tonic Trophy 2015」で世界一になった“キュロ ナプエ フィンランド ジン”。キュロのアンバサダーであり、LIQUID WORKSなどで活躍する野村さんがサーヴしてくれました。

株式会社ウィスク・イー

2016年に誕生してから話題が尽きない“季の美 京都ドライジン”のブースでは、昨年に引き続き楽しい仕掛けが。京都の町家をモチーフにしたブース内に入ると特設カウンターがあり、京都「レスカモトゥール」のオーナーバーテンダー、クリストフ・ロッシさんが登場しました。

季のTEA+伏見の水+ガムシロップで作る“ジンスリング”

プロのマジシャンでもある彼のカクテルメイキングは、ちょっと独特。お客を楽しませ、自身も楽しんでいる様子が印象的でした。

季の美オールドトム+カンパリ+梅酒で作る“オールドトムネグローニ”

フィーバーツリーも種類が増えましたね。“アロマティック トニックウォーター”“メディタレーニアン トニックウォーター”“エルダーフラワー トニックウォーター”と、日本未入荷商品が限定で3種類並んでいました。

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

47種類のボタニカルからなるプレミアムクラフトジン“モンキー47”のブースでは、恵比寿「Bar Tram」などを営む伊藤さんがライブパフォーマンスをされていました。見てください、壁面がとってもオシャレですよね~!

アサヒビール株式会社

ブースに到着すると、ニッカウヰスキー 欧州アンバサダーのスタニスラヴ・ヴァドルナさんがカクテルを振舞っていました。“ルッキング・アウト・オブ・ザ・ウィンドウ”と“バナナ・カフェ・グレーン”の2作品です。

新宿御苑「Bar Private Pod」の石村さんは、“ジェリー・トーマスズ ジュネヴァ・ジュレップ”を作っていました。

時間によってデモンストレーションするバーテンダーさんが変わるので、スケジュールをチェックしつつまた戻ってくると……

マーティン・フダークさんと後閑さんが。

上記は近くから撮っていたので分かりづらいですが、こんなにも人が集まっていたんですよ~。カウンターに立つのは、新宿「SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU」の江刺さんです。

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

横に長いカウンターが目を引くこちらでも、時間帯によって異なるバーテンダーさんが登場。ベルヴェデール(ウォッカ)は銀座「Bar保志 AL CAPONE」の小山さん、アードベック(ウイスキー)は池袋「Bar LIBRE」の清崎さん、ロンサカパ(ラム)は銀座「Bar 保志 Segreto」の木村さん、そしてヘネシーX.O(ブランデー)は福岡「BAR SEBEK」の大津さんがカクテルを提供されていました。

福岡「BAR SEBEK」の大津さん。デキャンタを回しながら作るカクテル“Tourbillon(トゥールビヨン)〜渦〜”に、目を奪われた人も多かったのでは⁉

メインステージでは、京都蒸溜所からヘッド・ディスティラーのアレックス・デービスさんが登壇されていたり(手前はデイブ・ブルームさん)、伝説のバーテンダーと呼ばれるサルバトーレ・カラブレーゼさんがネグローニのツイストという題でお話をされていました。毎年大人気の「なでしこカップ」の優勝者は、青木由衣さん(帝国ホテル東京 ランデブーラウンジ)でした。

 

以上、バーテンダーさんを中心にお送りしましたが、こうしてブースをまわるだけでもいろいろなお酒、カクテル、バーテンダーさんに出合える素晴らしいイベントです。また来年お会いしましょう!

 

SNS