FOODEX2018スコットランド国際開発庁「クラフトジンセミナー」レポート

2018年3月7日FOODEXにてスコットランド国際開発庁主催の「クラフトジンセミナー」が行われました。そのレポートをお届けします。

スコットランドのジンマーケット

まずは食品飲料担当の吉田氏より、英国・スコットランドのジンマーケットについての説明がありました。

英国では2010年から2014年までの間で73ものジンの蒸溜所がオープンしています。英国内で販売されるジンの総額は、ここ2年で7億1900万ポンドから8億6900万ポンドへ21%上昇しています。輸出も年間およそ1億4000万本で、特にプレミアムジンの輸出は過去5年で37%増加し、17.6億ポンドの経済効果をもたらしています。

このように数多くのジンが英国で造られていますが、その70%はスコットランドで生産されています。スコットランドジン蒸溜所マップをみると、現在50以上の蒸溜所があることがわかります。

スコットランドクラフトジン事情2018

次に、ジン専門店「グローバルジンギャラリー」の高山氏による『スコットランドクラフトジン事情2018』講演がありました。

クラフトジンの現在の流れは、クラフトビールブームから引き続き起こっています。ここではいくつかのメーカーについて取り上げます。各メーカー、ジントニックに添えるガーニッシュにはこだわりがあります。ジンに使ったボタニカルを使用するメーカーやよりバランスよくなるようにと選んでいるメーカーもあります。

①CAORUNN GIN スコットランド北部

  • ゲール語で「ローンベリー」の意で、これをボタニカルに使用している
  • モルトウイスキーのバルメナック蒸溜所で造られている
  • ガーニッシュとしてリンゴ

②ROCK ROSE GIN スコットランド本島最北端

  • 夫婦二人で造っている
  • ロディオラ・ロゼアをボタニカルに使用することで、黄色を呈する
  • ガーニッシュとしてローズマリー

③ISLE OF HARRIS GIN ハリス島

  • ソーシャル・ディスティラリー 村おこし的蒸溜所
  • 2021~22年にウイスキー蒸溜所にボタニカルとしてシュガーケルプ(昆布)を使用
  • ガーニッシュとしてピンクグレープフルーツ

④LONEWOLF GIN スコットランド東部

  • 2017年にクラフトビールメーカー、ブリュードッグ社が開業
  • ウイスキー蒸溜所でもある
  • ガーニッシュとしてグレ-プフルーツ・ピール

スコットランドでは、ジンの飲み方・楽しみ方が変わってきています。ジン専門のダイニングが流行っており、料理とジンのペアリングも行われています。ジントニックについて、ジンやトニックだけでなく、ガーニッシュも選べる「ジン・フライト」なども提案されています。

メーカープレゼン

最後に来日された3つのメーカーのプレゼンが行われました

①McQUEEN SUPER PREMIUM DRY GIN スコットランド中部

デール・マックィーン氏

  • 2016年創業
  • 浸漬式とバスケット式の両方で造っている
  • バニラ・ローズなど様々なフレーバーを効かせたジンをリリース

②KIRKJUVAGR ORKNEY GIN オークニー島

スティーブン・ケンプ氏

  • 2016年に夫婦で創業
  • オーケディアンのプライド
  • ベーススピリッツ原料として大麦古代品種BEREを使用
  • オークニーのボタニカル 地元植物学者・大学と協力して入手

 

③PICKERING’S GIN エディンバラ

マーク・ピッカリング氏

  • エディンバラにある獣医学校を改装
  • 1947年インドから入手したボンベイジンのオリジナルレシピをベースに作成
  • 浸漬式 ウォータージャケットにて加熱

SNS