【セミナー】竹鶴政孝の夢、ニッカ宮城峡蒸溜所50年の歴史を限定ボトルで味わう

入手困難かつ高価なニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所50周年記念ボトルなど、竹鶴政孝ゆかりのウイスキー5本を味わい、同社の佐久間正チーフブレンダーらのレクチャーを聴きます。日本ウイスキーの過去と未来に思いをはせる、1回限り、限定30人の豪華テイスティングセミナーです。

 

お申込みはコチラ

 

当記事は 「宮城峡蒸溜所50年を味わう会」実行委員会(事務局・読売新聞東京本社クロスメディア部) が主催するセミナー告知です。セミナーに関するご質問等はお申込みページ内の特商法表記または当ページ下記に記載のメールアドレスまでお願い致します。

希少なウイスキーを味わう、テイスティングセミナー

入手困難なニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所50周年記念ボトルをはじめ、竹鶴政孝ゆかりの希少なウイスキーのボトル5本をテイスティングし、同社の佐久間正チーフブレンダーらのレクチャーに耳を傾けます。

当日味わうボトルのうちの4本

日本のウイスキーの過去と未来に思いをはせる、豪華セミナーです。定員は最大30人。応募者が20人に満たない場合は実施しません。

テイスティングボトル

  • シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019
  • シングルモルト余市 リミテッドエディション2019
  • シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ
  • シングルモルト余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ
  • 佐久間氏持参の「スペシャルなボトル」

以上、ボトル5本 ※「ニッカ セッション」のハイボールと、おつまみも付きます

夏の宮城峡蒸溜所

ニッカウヰスキーの創業者で、日本のウイスキーの父とも呼ばれる竹鶴政孝が、北海道・余市に続き、仙台・宮城峡にウイスキーの蒸留所を完成させてから2019年で半世紀がたちました。 その記念すべき年に、2本の限定ボトルが発売されました。

しめ縄をつけた宮城峡のポットスチルと、竹鶴政孝

宮城峡で最初に蒸留された「ファーストドロップ」の原酒を含め、40年前、30年前と、10年ごと5世代の原酒をブレンドした記念ボトル「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019」。 同じく、余市蒸溜所の5世代の原酒を組み合わせた、「シングルモルト余市 リミテッドエディション2019」です。 発売時の価格は、共に1本30万円(税別)。高価なだけでなく、主にバーやホテルに向けて各700本限定で発売した、一般消費者には入手自体が困難だった貴重なボトルです。 会場は、ニッカの世界観を表現した、東京・表参道の「ニッカブレンダーズバー」になります。 ゆったりと味わいながら、二つの蒸留所の歩みを振り返るのが、今回のイベントです。 貴重な話をレクチャーしてくれるのは、リミテッドエディションのブレンドを担当したニッカの佐久間正・チーフブレンダー。 そして「マスター・オブ・ウイスキー」の資格を持ち、ニッカの親会社のアサヒビールでウイスキーアンバサダーをつとめる佐藤一氏です。 マスター・オブ・ウイスキーは、ワインのソムリエのような酒類の知識と効き酒の力に加え、ウイスキー文化を巡る研究論文の執筆も求められる難関資格です。 佐藤氏は、幻に終わった竹鶴政孝による北海道・江別の蒸留所建設計画に焦点をあてた論文で、国内10人目となる資格取得者となったウイスキー通です。 さらに、この2本に加えてテイスティングしていただくのは、竹鶴政孝とスコットランド出身の妻・リタの結婚100周年を記念して作られた特別ボトルです。 シングルモルトの余市と宮城峡を、アップルブランデーを28年以上寝かせていた樽に移し替え、さらに6か月間熟成させたもの。 甘く華やかな香りとフルーツケーキのような甘酸っぱい味わいを持たせています。 加えて、テイスティング用として佐久間氏に「スペシャルなボトル」をご持参いただきます。 その他、余市と宮城峡にスコッチの原酒を組み合わせた新商品「ニッカ セッション」のハイボールも提供いたします。

開催要項

【開催日時】 11月22日(日曜日) 午後1時30分~3時45分 (午後1時15分開場) 【場所】 ニッカブレンダーズバー (東京都港区南青山5丁目4−31 ニッカウヰスキー本社ビルB1F) 【参加費用】 4万円(税込み) 【定員】 30人(参加者が20人に満たない場合は開催せず) 【参加方法】 11月16日に開催の可否を決定し、申込者に結果をメールでお知らせします。実施の場合、イベント当日に、メールと免許証などお名前の確認できる書類をお持ちください。実施しない場合はキャンセルとなり、代金は引き落とされません。感染症対策のため、当日は体温測定と手指のアルコール消毒をさせて頂きます。体温が37.5度以上の場合は参加になれませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。 【主催】 「宮城峡蒸溜所50年を味わう会」実行委員会 (事務局・読売新聞東京本社クロスメディア部) 【協賛】 一般社団法人・酒育の会(谷嶋元宏代表) アサヒビール お申込みはコチラ  

希少ボトルを巡るエピソード

「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019」 「シングルモルト余市 リミテッドエディション2019」 ニッカの親会社にあたるアサヒビールが2019年3月、宮城峡蒸溜所設立50周年を記念し、それぞれ700本限定でバーやホテルなど業務用を中心に、各30万円(税別)で発売しました。 1960年代・70年代・80年代・90年代・2000年代の5世代の原酒を厳選して合わせたシングルモルトウイスキーです。 「宮城峡リミテッド」には、1969年に宮城峡蒸溜所で初蒸溜された原酒(ファーストドロップ)が使われています。

建設中の宮城峡蒸溜所。1968年

この原酒は、竹鶴政孝が口に含んで「違うな」とつぶやき、「意に満たないものができたのか」と周囲を一瞬、落胆させました。 だが竹鶴は「これでいいんだ。北海道のものと違うからいい。これはおれが造ったのではない。この土地が造ってくれたものだ」と、続けたといいます。 そして竹鶴は感謝を込めて、近くを流れる新川に注ぐよう命じたとの逸話が残ります。  

レクチャーと講師の紹介

左・佐藤一氏、右・佐久間正氏

「竹鶴政孝の夢」

アサヒビール・ウイスキーアンバサダー・佐藤一氏 日本ウイスキー文化研究所認定マスター・オブ・ウイスキー。 1990年アサヒビール入社。千葉統括支社長、埼玉統括支社長、エノテカ東日本営業部長などを歴任しました。 現在は、ウイスキーの魅力を伝えるウイスキーアンバサダーを務めています。 1927年に竹鶴政孝が北海道の江別に工場建設を検討した、幻の計画を手がかりに調査を重ね、『「江別」から「余市」へ(竹鶴政孝の工場候補地変遷の思索、そして現状への提言)』と題する論文を執筆。 「マスター・オブ・ウイスキー」の国内10人目の取得者となりました。 レクチャーでは、余市と宮城峡という両蒸留所の建設を通じて、竹鶴政孝が追い求めた夢について語る予定です。

「ブレンドの愉しみ、リミテッドエディションに込めた思い」

佐久間正氏(ニッカウヰスキー常勤顧問チーフブレンダー) 1982年ニッカウヰスキー入社。入社後、北海道工場に配属。以降、欧州事務所長(ロンドン)、本社生産部原料グループリーダー、栃木工場長などを歴任しました。 原酒づくりや樽貯蔵、原料調達、スコットランドでの勤務などで見聞を広め、ブレンダー室室長に。「リミテッドエディション2019」のブレンドも担当しました。 レクチャーでは、ブレンダーとしての経験や楽しさ、「リミテッドエディション2019」に込めた思いなどを語る予定です。 お申込みはコチラ  

当記事は 「宮城峡蒸溜所50年を味わう会」実行委員会(事務局・読売新聞東京本社クロスメディア部) が主催するセミナー告知です。セミナーに関するご質問等は下記メールアドレスまでお願い致します。

特定商取引法に基づく表示

販売業者 株式会社読売新聞東京本社

所在地 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1

連絡先 ※プロジェクトの内容についてのお問い合わせは、メールでお願いします。 メール:crossmedia@yomiuri.com

販売責任者 小坂 剛

販売価格 プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

商品代金以外に必要な料金 なし

お支払い方法 クレジットカードによりお支払いいただけます。

お支払い時期 プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトの商品を購入した場合は、商品購入時に決済します。プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、プロジェクトは不成立となり、決済はされません。

商品(リワード記載内容)のお引渡し時期 商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

キャンセルの可否と条件 プロジェクトが未成立の場合に限り、商品の購入をキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。

SNS